とりあえずおいといて。

NicoIchi -ニコイチ-

アニメ・ガジェット系の情報を中心に、リスやら趣味のことやらを書いてます。

IMEをgoogle日本語入力に鞍替えしたら快適になったので、結局何がすごいか比べた話。

すごい快適になった

f:id:yukisuke723:20170219041410j:plain

結論から言わせて頂きますが、すっごい快適になりました。

記事書いてるときに

とある科学の超電磁砲」ってうちたいのに

「とある科学の弔電時報」とかなるから

イラッとして変えたわけで。

 

前使ってたのはATOKだったんですけどね、まぁ、特に困ることはなかったんですが

「取って来といて」が「撮って木といて」になったり

「マジむずいわ」が「マジ無髄和」になったり

わがブログ名「とりあえずおいといて」が「とりあえず追い解いて」になるから

もうイラッとして変えた。

(他にも色々あったけど忘れた)

 

そしていらっしゃいGoogle日本語変換さん。

もうね、変換が超絶快適になりました。

なんでもっと早くお迎えしなかったんだろう…

 

とにかく便利なgoogle日本語入力

何が便利かって予測変換が恐ろしく優秀なこと。

例えば、「はてな」って入力したら

はてなブログ」「はてなブックマーク」とか予測に出てくるわけ。

「あのひみ」って入力したら

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」って出るし。

 

驚いたのが日本語入力のまま「いpほね(IPHONE)」って入力すると

普通に「もしかして:iPhone」って出てくるからね。

コイツぁすげーや!

 

それから変換の第一候補が一発で設定できることも大きい。

例えば「マサチューセッツ工科大学」って単語をよく使う人とかね。

マサチューセッツ工科大学って一回変換しとけば第一候補に上がるので、

「ま」って打てば「マサチューセッツ工科大学」って出てくるわけですよ。

出てきたらすかさずshift+Enterをね、

ッターーーンッ!!

って叩けば一発変換できるんですよ。

 

もちろん、変換能力もかなり高いですさすがです。

例えば、「キュゥべぇ」ってなかなか一発変換できないですよね。

試しにATOKに戻して変換すると「急べぇ」ってなるわけで。

なんだよ「急べぇ」って。どっかの方言で「急ぎなさい」的なニュアンスのやつかな?

 

でもgoogleさんで変換すると「キュウべぇ」って当たり前のように変換します。

シュタインズゲート」も一発。「牧瀬紅莉栖」も一発。

ATOKの場合「クリス」さえ頑なに「栗栖」って変換してたからね。どんだけ日本人好きなんだよっていう話で。

 

なんかやばい情報とか送信したりしないのか

っていうのはやはり心配になりますが、それは大丈夫なようで。

つまり、僕が初恋の相手とかをフェイスブックで検索してるとか、そういうことはバレないわけですね!よかった!

クレカの情報とか電話番号とかを入力しても安心です。

そりゃあね。そこは当たり前だよねと思うけど、なんかgoogleって色々送信してそうで怖いのも事実。まぁとりあえず大丈夫みたい。

 

ATOKとの早口言葉対決

google「赤巻紙青巻紙黄巻紙」

ATOK「赤巻紙青巻紙黄巻紙」

おぉ~!!やるやん!

 

google「ブスバスガイドバスガス爆発」

ATOK「ブスバスガイドバスガス爆発」

あれ、ATOKたんすごくね?

 

google「母は歯は丈夫だ」

ATOK「母は歯は丈夫だ」

・・・

早口言葉いけるやん!

 

じゃあ普段使いそうな文章を。

google「え?お前そんなこと言ってけど実際レズアニメ好きやん」

ATOK「絵?お前ソンなこと一てっけどじっさいれずアニメすきやン」

 う~ん・・・

 

google「じゃあさ、百歩譲って俺がロリコンとしてお前はどうなんよ?」

ATOK「じゃ朝、百歩譲って俺がロリコンとしてお前は道南よ?」

まとめ

google日本語入力の圧勝でした。

 

こんな記事を最後まで読んでくれた君に幸あれ!